かわねのごえん

川根温泉の温泉水を、おやじ農園の山小屋でことこと煮詰めて作ったお塩です。

7日間かけて作るお塩は、温泉のミネラルとおやじの愛情がいっぱい詰まった、優しい味わいとなっています。

お豆腐にかけたり、野菜にかけたり。
素材のうまみを引き立てる名脇役。ぜひ一度、お試し下さい。

How to make kawane no goen

かわねのごえんは出来るまでに約7日間かかります。

そんなお塩の作り方を、お教えしちゃいます!

その1

まずは、かわねのごえんの元となる、温泉水を組にいきます。

この木造の温泉貯湯タンクは、日本一の大きさで、約100トンを貯湯出来るそうです。

 

そこからポンプでお湯を移します。

1回に約300mlの温泉水を移すのですが、所用時間は約5分。

あっという間の作業です。

山小屋へ持って来た温泉水は、まずは大釜に移し替えます。

 

そこから、薪で煮詰めて濃縮作業。

 

3日間で、300mlの温泉水が40mlまで減ります。

 

ちなみにここで使う薪も全て、全て川根の山からおやじ達が切ってきます。

 

薪割りだってお手の物なんです!

その2
その3

濃縮された温泉水は平釜に移されて、さらに煮詰めて行きます。

 

温泉水は少しずつ少しずつお塩の形に。

 

でも油断するとこげちゃうので、かき混ぜたりしながら様子を見て。

 

この時に味見をすると、とろとろで不思議な食感なんです。

最後はさらさらになるまで水分を飛ばして、お塩の完成です!

 

完成したお塩は、瓶へ詰めて、シールを貼って。

 

ここも一つ一つおやじ達の手作業。

 

だからたまにはシールが曲がってることも?!

そこも愛嬌で、かわねのごえんの完成です。

 

その4